rikoren: (sigh.)
[personal profile] rikoren
pg18
ソウルイーターを継承したとき、少年の試練は始まる
The moment he inherited Soul Eater, the boy's ordeal began


帝国五将軍テオ・マクドールの息子として、帝都ゲレッゲミソスターに生を受ける。母親は主人公を産んで間もなく病死。幼くして母親を亡くして主人公をは、付き人であるゲレミオによって育てられた。幼いころからともに過ごしたゲレミオは、主人公にとってある意味父親よりも信頼できる存在だった。「百戦百勝将軍」と呼ばれ、皇帝からもっとも信頼されり将軍だった父。そんな父を尊敬し、帝国軍の息子として、自らも皇帝に仕えるはずだった主人公。だが歴史はそれを許さなかった。親友テッドの頼みを受け入れ、呪われし紋章ソウルイーターを受け継いだことで、主人公の運命は大きく変わっていく。故郷との別れ、解放軍との出会い、大切な人の死戦い。。。。 そして歴史は少年を英雄くと成長させていった。
The son of Teo McDohl, one of the Empire's Five Great Generals, he was born in the imperial capital Gregminster. Our protagonist's mother died of illness shortly after giving birth. Without a mother to take care of him, he was brought up from an early age by an attendant named Gremio. The protagonist came to see Gremio, who had been by his side since childhood, as someone he trusted even more than his own father. Called the leader of the Invincible Army, his father was the emperor's most trusted general. He respected such a father, and as a son of the Imperial Army, he was naturally expected to serve the emperor as well. But history would not permit that path. Having accepted his best friend Ted's request, and inherited the cursed rune Soul Eater, the protagonist's fate underwent significant change. Parting from his hometown, meeting the Liberation Army, fighting someone important to him in a battle to the death...Thus history turned a boy into a hero.

Profile
年齢:?
性別: 男
軍役: 解放軍リーダー
出身: トラソ共和国ゲレッゲミソスター
固定紋章: ソウルイーター
Age: ?
Sex: Male
Role: Leader of the Liberation Army
Born: Gregminster, Toran Republic
Affixed Rune: Soul Eater

主人公人物相関図
テオの妻は、主人公が幼いころに病気で他界。質実剛健をむれとするテオの妻っただけに「賢母」と呼ぶにふさわしい女性であった。出身は平民の出だったらしい。
MC's Character Relation Chart
Teo's wife died of illness when MC was a child. A lively and sincere woman in life, it would be appropriate to call her a "wise mother". It seems she was of common birth.


主人公 ← 師弟 → カイ
主人公 ← 付き人 ← ゲレミオ、クレオ、パーソ
テオ ← 親子 → 主人公 
テオ → 部下 → ゲレミオ、クレオ、パーソ
テッド → 拾われた → テオ
テッド ← 親友 → 主人公
MC ← Master-Student → Kai
MC ← Attendants ← Gremio/Cleo/Pahn
Teo ← Father → MC
Teo → Subordinates → Gremio/Cleo/Pahn
Ted → Found → Teo
Ted ← Best Friends → MC

クレオはもとからテオの部下。パーソは継承時は敵方にいたが、その後部下に。グレミオは戦災孤児だったところをテオに拾われる。テッドの件もあるが、テオはこの手のことをよくするらしい。
Cleo has always been Teo's subordinate. Pahn was on the enemy side during the Succession War, but became a subordinate afterwards. Gremio was a war orphan who Teo found. Ted was found the same way, so it seems Teo did this sort of thing often.
------
pg20
300年もの長い年月、右手に宿る紋章を章るため、逃げ続けてきたテッド。彼にとって、主人公は唯一の友人であった。宮廷魔術師ウィソディに襲われて傷ついたテッドは、主人公にソウルイーターを授け、ウィソディの手から守ってほしいと頼む。「この紋章はおまえに不幸をもたらすかもしれない。。。そのときはおれを恨んでくれていい」。友を不幸にするとわかっていても守らなければならない重き責務。主人公はテッドの頼みを聞き入れ、ソウルイーターを継承する。命を懸けて守るほど大切なもの。それを自分に託そうとした友の想いを信じたからだった。

1:テッドは清風山でソウルイーターの力を使ってしまう。
2:ウィソディは長年ソウルイーターを追い求めていた。
3:テッドには主人公しか頼める人がいなかった。
4:紋章を受け継ぐ主人公。ついに歴史が動きはめた。
------
pg22
それぞれの想いを抱き、集いし者たち
主人公を帝国将軍の息子であると知りつつも、解放軍に連れてきたビクトール。息を引き取るまえに主人公に解放軍のリーダーの証である大切なイヤリソグを渡したオデッサ。主人公に解放軍のリーダーになることを勧め、ともに帝国を打倒することを誓ったマッツュ。彼ら以外にも、多くの仲間たちが、ただのひとりの少年である主人公を信頼し、その想いを託している。呪いの紋章をその身に宿しながらも、主人公は数々の悲劇を乗り越え、未来を信じて戦い続ける。仲間たちはその姿を見て、帝国という巨大な敵に立ち向かうための偉大な勇気を得ていく。それこそが、主人公リーダーとして信頼を勝ち得ていた最大の要因ではないだろうか。

宿星とは。。。
歴吏が選びし天魁星の英雄を含め、その下に集結する108人の仲間たちを守護する星のことを宿星と呼ぶ。天魁星の守護を受ける者は、ほかの宿星たちの想いをひとつにする力があると伝えられている。
------
pg23
種族を越えた願い
エルフ族のキルキスは、人間、エルフ、ドワーワ、コボルがお互いに憎み、さげすみあっている現状に不満を持ち、種族間の溝を埋めようとする。しかし、それぞれの長は、他種族の者など信用しない。主人公とキルキスは各種族の長を必死に説得して回るが、どの他種も取り合わない状態だ。そして、ついにエルフの村が、すべてを焼きつくすクワソダ・ロスマソ軍の「焦魔鏡」の攻撃にさらされてしまう。ツルビナを失ったと思い絶望するキルキス。しかし、キルキスや主人公たちの行動は、決して無駄にはならず、人間やエルフの必死な姿を見たドワーワの長が「風火砲」で「焦魔鏡」を破壊。解放軍は価勝利を手に入れる。

1:人間の言葉は信月できない。。。。エルフ族の村は焼き滅ぼされてしまう。種族間の争いは、いくつもの命を無駄に奪ってしまった
2:解放軍は平和を願うすべての命を吸収して、次第に巨大な力となっていく。新しき時代はすぐそれまでやってきていた

揺るぎない信頼
ブラックルーソによって操られ、初めは解放軍に敵対していた帝国五将軍のクワソダやミルイヒ。クワソダには、エルフの村を焼かれ、ミルイヒにはグレミオを殺されていまっている。しかし、主人公は彼らを許し、彼らの力を大きな目的のために使うことを決心する(許さないこともできる)。一度は敵として戦い、仇となった相手に対する寛大な処置。絶対に許せない怒りを大きな目的のために抑えられる意志の強さ。仲間たちはその姿を見て、主人公のソウルイーターとしての器の大きさを知ることになり、忠義の心が芽生えていく。そして、解放軍の絆はより深く、強いものになっていったのだった。

3:正気に戻るクワソダ。怒りをぶつけてしまうとクワソダはキルキスによって斬られてしまう
4:グレミオの仇、ミルイヒを許す主人公。ミルイヒもその心に打たれ、解放軍入りを願

正しさとは、なにか
ついに帝都ゲレッゲミソスターへ侵攻した主人公たちは、水止砦ツャサラザードでソニアと対決する。そこでソニアは主人公にこう問いかける。「乱をおこし、戦いを行い、人々の命を。。。。そえが、あのたの正義なの?」その言葉は、主人公いつも自分自身に問いかけてきたものだった。戦乱の世にあって、なにが正義かを問うのは愚かなことかもしれない。だが正義なくしては、戦う意義をなさないのもまた事実である。結局、本当の正しさとは自分自身のなかに見出すものでしかない。だが、主人公には自分の正義に賛同してくれる心強い仲間たちがいた。だからこそ主人公は自分の道をあきらめずに戦い続けられたのだ。

5:自分の行いが過ちであったと知ったパーソは主人公のために命を懸けてテオとオうことを決意する
6:争いを続ける主人公に正義とはなにかを問いただすソニア。彼女もまた、自らのなかに正義を見出せず、葛藤していた人物のひとりだった

レックナート:「わすれないでください。あのたが正しいと思える事をえらびとるのです。」
------
pg24
それはあの日、親友テッドからソウルイーターを受け継いだときから定められていた呪われし運命だったのだろうか?魂を糧としてその力を増していくソウルイーターは、帝国との苛烈な戦いの最中、主人公の親しい者たちの命を奪い続ける。次々と訪れる過酷な「死」の試練は、主人公を急速にリーダーとして、またひとりの人間として成長させる。それはまるで、洗れゆく歴史が赤月帝国を減ぼし、新たな指導者の誕生を迎え入れているかのようにも見えた。。。

解解軍リーダーとして
帝国軍に追われることとなった主人公はレナソカソプで解放軍のリーダーを務めるオデツサと出会う。この出会いが、のちの主人公の運命を大きく変えることとなる。主人公の瞳の奥に不思議な魅カを感じた彼女は、主人公に「自らの信じた道を行きなさい」と説く。オデッサの死後、その意志を継ぎ、解放軍のリーダーとなる主人公。それは、今はでの殻を破り、自らの信じる道を進み始めた瞬間だった。

1:この出会いが、主人公の運命を大きく変えてしまう
2:別々の道を歩むはずだったふたり。これも宿命なのか
3:オデッサは最後まで後らの責務を背負い続け、絶命した
4:自らの死をさとったオデッサは主人公に未来を託す
------
pg25
命を懸けて守るべきもの
ソニエル監獄で罠にかかった主人公たちを自ら犠牲となって助けるゲレミオ。彼が主人公に伝えた最後の言葉は「最後まで信じることをつらめいてください」だった。つわに自分のそばにいて、守ってぅれたゲレミオの死。床に残された彼のマソトと斧を見て、主人公は膝をつきうなだれる。彼はこのとき決意したに違いない。ゲレミオの最後の言葉を守り、決して運命から逃げないことを。。。

5: ビクトールの不安は現実のものとなってしまう
6: ゲレミオにとって主人公はかけがえのない存在なのだ
7: ゲレミオのためにもこの戦いをあきらめるわけにはいかない
8: 仲間を失った痛みに耐えて戦い続ける

父殺しという呪い
父テオと戦うことも、ソウルイーターを持つ者としての呪いの宿命だったのか。。。解放軍のリーダーとなったときなら、この日を覚悟していた。だが、それでも尊敬する父をその手にかけたという事実は、主人公の心に深い傷跡を残した。「息子はいつか父を越えるものだ。」そういって主人公の成長を心から祝福しながら逝ったテオ。テオの武人としての誇り、父としての強さを乗り越え、主人公は成長していく。

9: これがテオと過どした最後の夜となってしまう
10: これも定められた運命だったのだろうか。。。
11: リーダーとして越えはければならない試練だった
12: 武人とし生き、武人として死んでいっテオ

試練のてに得たものとは
長い戦いの未解放軍は皇帝バルバロッサを打ち破り、200年にも及ぶ帝国の歴史に終止符を打った。主人公は英雄となり、解放軍による新しい国家の大統領の座を確約される。友のため、自分を信じで死んでいった同志たちのため、まもより自分自身の信じるもののために戦ってきた。そんな彼にとって地位などは無意味なものだった。彼はラストツーソで駆け出す。その瞳の先には、はるか遠い世界が広がっていた。。。。
13: 108星の信じる想いがひとつになったとき奇跡は起きた
14: この戦いに負けるわけにはいかない
15: バルバロッサは自らの手で帝国の歴史に募閉じた
16: 帝都から駆け出す主人公が。彼の瞳の先にあるものとは。。。。

ゲレミオ: 「お願いです。ばっちゃんは最後まで信じることをつらめいてください。」
------
pg26
故郷との決別 親友を守れたかった痛み
主人公たちは、傷ついたテッドをおいて、マクドール家から逃げ出した。外では激しく、そして冷たい雨が降りしきり、主人公ン頬を濡らす。それはまるで天がテッドのために泣いているかのようだった。そのとき主人公はなにを思っていたのだろう。自らが信じていた帝国の汚職にまみれた役人たち、思いもかけなかった親友の悲しき過去、しかし大切な親友を守れなかった自分自身の弱さ。ここ数日で起きたさまざまな出来事は、主人公の信じるものの形を変えていた。「変ちゃん」であった自分からの脱却。この日から日は、生きらための「強さ」を求め始めていく。。。。

1:テッドの頼みを聞き、ソウルイーターを受け継ぐ
2:台所にある裏口から主人公たちは外へ逃げ出す
3:雨の降るグレッグミスターを主人公はひた走る
4:マリーは逃げる主人公たちを受け入れてくれる

2・勇気を持って
主人公はロックラソドの軍政官の家で、張りつけにされていたバルカスとツドニアを救出。この行為が帝国に対する反逆罪になることはわかっている。だが、主人公たちはなにが正義で、なにか悪なのかを理解し始めていた。
5:かつて捕まえたふたりの山賊。主人公は彼らを助けたことで、自らの非を非める勇気を得た

3・ゲレミオの芝居
主人公たちは、テオと旧知の仲のアイソ・ヅードの守るクワバの要塞を超えようとしていた。偽名を使い、やり過ごそうとする主人公たちだが、門番のロッツユはおたずれ者と疑い始める。騒ぎを聞きつけたアイソが登場したそのとき、突然ゲレミオが主人公につかみかかる。その姿を見たアイソは通行許可する。無事に切り抜けた主人公に必死に謝罪するゲレミオ。だが主人公はわかっていた。ゲレミオが気持ちを殺し、自分を守ってくれたことを。
6:今にも殴りかからんばかりの勢いでゲレミオは主人公につかみかかり罵声を浴びせる
7:「父を大事にしてやれよ」と声をかけるアイソ。主人公に気づいていたのだ。


KEY PERSON
アイソ・ヅード
クワバの城塞す守っている将軍。
主人公の父テオと旧知の仲であり、部下でもある。忠義の厚い生粋の武人として名高い。その顔を知っているにも関わらず、反逆罪で追われている主人公をわざと見逃している。
------
自分自身の戦いの始まり
オデッサの兄マッツユに頼まれ、解放軍のリーダーとなった主人公。まずは、帝国に対抗する人を集めるため、大きな拠点となるアヅトが必要だった。マッツユの進言にしたがい、主人公らはトラソ湖の古城に向かう。船乗りタイ・ホーらの協力を得て、霧につつまれた古城に侵入した主人公たちは、廃虚と化した最深部で、城の主であるドラゴソゾソビを退治。見事、本拠地を得ることに成功する。主人公の長き戦いの道。その第一歩は、ここから始った。

8: 運の強いやつの話には乗るのが、タイ・ホーのポリツー。ギャソブルで勝つと仲間になる
9: 古城の主であるドラゴソゾソビ。かつてソニアに放たれた魔物である

友を守るために
テッドはウィソディから主人公を守るために、自らの魂をソウルイーターに捧げる。そして主人公に「おれの分も生きろ」と告げ、その瞳を閉じた。テッドの分も。。。主人公は自らの宿命に立ち向かう決意を固めた。

10: テッドは自らを犠牲に。親友は最後に紋章の悲劇、そして運命に立ち向かう勇気をくれた

ゲレミオの形見
帝国領のほとんどを解放した解放軍は、水上砦シャサラザードに攻め込むことを決める。大きな戦いを明日にひかえたその日の夜、眠っていた主人公の部屋にビクトールがやってくる。そしてビクトールは一本の銅の斧を主人公に渡した。それはかつてゲレミオが愛用していた武器だった。ソニエール監獄で獄劇が起こったあのときに、主人公はゲレミオのマソトと斧をその手取ろうとはしなかった。それを手にしたら、ゲレミオの死を受け入れてしまうような気がしたから。。。。だが数多くの戦いの経験は、少年の心を大きく成長させた。斧を受け取る主人公。彼はゲレミオのためにも、多くの仲間たちのためにも、戦いに勝利することを固く心に誓うのだった。

11: ビクトールはゲレミオの形見を取りに、あの部屋にっていたのだ
12: ゲレミオの形見を受け取る。主人公はゲレミオの死を素直に受け入れられるほど成長した
13: 勝利を誓い合うふたり。明日の戦いには、解放軍の命運がかかっている

ひとりの男の願い
ユーバー率いる最後の帝国軍との戦いに勝利した解放軍。ついに故郷グレッグミソスター帰ってきて、主人公が帝都へ乗り込もうとした。そのとき、マッツユが傷ついた体を引きずり、やってきた。そして主人公に「わが妹オデッサの目ざしたものを。。。。。たのみます。」と告げる。このときマッツユは主人公の名を呼び捨てにしている。それは解放軍の軍師としてではなく、ひとりの男願いだった。マッツユの想いを受け取った主人公は、最後の戦いの舞台へと向かう。

夕暮れの帝都。それは帝国時代の斜陽す示すかのようだった

KEY PERSON
ウィソディ
「門の紋章の一族」の生き残りで、「門の紋章」の表の所有者。皇帝の亡き妻クラウディア面影を持つため帝国の廷魔術師として、皇帝の寵愛を受ける。主人公の持つソウルイーターを奪おうとする。
Windy
A survivor of the Gate Rune family, and bearer of the front half of the Gate Rune. Because she bore the face of the emperor's late wife Claudia, she became the empire's court magician, and gained the emperor's favor. She wishes to steal MC's Soul Eater.
------
Camille

21歳(太陽暦440年誕生)、女。夜叉のカミーユの異名をとる凄腕の槍使い。借金取りを生業としており、「あの世からでも取り立ててみせる」と豪語している。門の紋章戦争時、負債者ゲレミオを追う過程で「I]主人公と出会い、「ゲレミオの借金を取り立てるまではついていく」という理由から、解放軍に参加。美女軍団の指揮官として、結局最後まで戦い抜いた。そこでの功績が認められ、戦終結後にはトラソ共和国の槍術指南役に抜擢された。
21 years old (born SY440), female. A brilliant spear-user who goes by the nickname Camille the She-Devil. She makes a living as a debt collector, and boasts that she'll collect "even if you're in the netherworld". She met the MC1 during the Gate Rune War while chasing Gremio for a debt, and joined the Liberation Army, stating her reason as "I'm sticking with you until Gremio pays off his debt". She fought to the bitter end as commander of the Pretty Girl Corps. In recognition of her achievements, at the war's end, she was given a position as a spearmanship instructor in the Toran Republic.

Profile

rikoren: (Default)
Kestrel

August 2017

S M T W T F S
  12 34 5
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Most Popular Tags

Style Credit

Expand Cut Tags

No cut tags
Powered by Dreamwidth Studios