rikoren: (yeah!)
[personal profile] rikoren
A Brilliant Protection Charm
by Tsubaki Nakamura


"Have you heard the news!? Everybody's planning to give the Master a protection charm!"
Tsurumaru Kuninaga vigorously slid open the door to the repair room, to find Ookurikara with a weary look on his face.
Always showing up of a sudden, doing all sorts of outrageous acts--that was Tsurumaru Kuninaga. And Ookurikara was quite often the victim of his abuse.
Though Tsurumaru looked beautiful coming in with the pure white human form he'd been given, his energetic inquisitiveness unfortunately betrayed his fickle appearance, and he'd quickly been labeled the citadel's "problem child".
Opening holes in the citadel's walls in order to create secret passages, holding shows for weirdly-shaped daikon radishes he'd picked in the fields, always managing to stick a tiny flag on somebody's rice at mealtimes - and Ookurikara had the terrible luck of always being present at the scene. He'd grown sick and tired of constantly getting lumped together with him whenever these things happened, just because they were both Date Masamune's swords.
With his scratches now healed, he'd hoped to ignore Tsurumaru and head straight out the door--but with the exit blocked, he had no way out.
On top of that, Tsurumaru's appearance got Shokudaikiri Mitsutada - who'd been engrossed in fixing his hair - to finally put away his mirror.
"Mitsutada! Aren't you gonna go bald if you spend so long messing with your hair!?"
"Of course not. Anyway, I don't exactly spend every hour in the repair room fixing my hair. It's just the last step, after fixing up any cuts or frays or the like."
"What did you mean, when you mentioned protection charms?"
Sensing an irritating conversation about to start up, Ookurikara curtly changed the subject.
What he had learned after coming to this citadel was that it was best to always decline participation in events like this as quickly as possible.
"I'm glad you asked! Master's always giving us protection charms, right? You know, those super important necessities without which you'd die in a flash when you run into battle all by yourself!"
"...Tch."
Hearing him bring up an incident he hadn't wanted to remember, Ookurikara clicked his tongue.
"Well, the enemies were pretty strong that time, after all."
Mitsutada intervened, urging Tsurumaru to continue.
"See, we're always getting protection charms from Master, right? So us swords came up with a plan to be the ones to give Master the protection charms for once."
"The saniwa doesn't need those, though."
The ones entering battle were swords, not humans. There was no need to prepare for the unlikely event of a human being destroyed.
"That's why we're making different charms from the ones we've got. Charms for love and health and safety and stuff, I think it's anything goes."
Apparently the tantous had taken up their sewing sets and immediately set to making handcrafted charms.
"We're gonna get in on this plan too! And then we can astonish our master with the protection charm we throw at 'em!"
"I don't plan on getting along with everybody. You guys can do what you want."
"Right, now let's get down business. First we've gotta gather materials!"
"Hey..."
With the hem of his shirt caught in a strong grip, Ookurikara let out a low-voiced complaint.
"What exactly is your plan, anyway?"
"I'm still working on that. What I'm thinking is, it can't just be a small surprise; we're gonna give Master a surprise of epic proportions."
Tsurumaru gave an impish smile as he spoke.
--In other words, rather than a proper plan, all he had was the expectation that it should be some sort of gaudy surprise.
"Calm down, Tsurumaru-san. Why don't we go see what the other swords are making, first? We can decide on our charm after that."
Mitsutada turned to Ookurikara, looking hesitant to say his next words.
"Also...if you actually go through with not participating, you might get scolded...by Hasebe-kun, I mean."
It was a plan to give their master a present. With Hasebe being so keen to obey Master's orders, there was no mistaking how enthusiastic he'd be about this. If he heard tell of any procrastinating or lack of interest, Ookurikara likely wouldn't enjoy his reaction.
".......Whatever."
"Alright then, let's go see Hasebe first!"
Tsurumaru, eyes shining, cheerfully led the two to their first destination.

Heshikiri Hasebe was ordering people into a line in preparation for battle.
"Is everyone prepared? The strength of your horses will decide the outcome of our next battle! Negligence will not be forgiven."
The oodachis all looked like they were fed up with him. It was the same look Ookurikara had given Tsurumaru earlier.
"Hasebe-kun, were you supposed to be setting out today...? This is an unusual formation, too..."
"Mitsutada, is it. We are about to head out on an expedition, in order to obtain protective charms."
"You're not going to the general store?"
"No. We're going to look for jade for Master. The team I've assembled here consists of those with the physical strength to bring home the rocks we will acquire."
The amount of fighting spirit he exuded was beyond the ordinary. Even Mitsutada could not help but be drawn to him a bit.
"Why jade, in particular?"
"It seems that jade is an effective ward against evil spirits. There are a few other reasons as to why I wish to offer jade to our master, but I'm a little too busy to explain at the moment."
"Couldn't you just...give them the store-bought kind?"
"Definitely not. The talisman's powers would decrease if it was touched by human hands. We must obtain the ore from a time period in which it is still brimming with spiritual power, long before it was depleted from excessive mining. I've also considered having Ishikirimaru purify the ore, as an added precaution."
It seemed that Hasebe's team planned to go around to each era in search of the jade ore with the most value, that value being based on the passage of time and area of production. In other words, they would be going on quite a large number of expeditions in order to obtain it.
"The kebiishi aren't going to like this."
"So what? For Master's sake, there is nothing I won't cut down."
Hasebe cut short his conversation with Mitsutada, grimacing as if to say he had no time for such idle chatter.
He pulled out a map of his targeted time period, giving it one last review.

=Tsurumaru furtively whispered into Ookurikara's ear.
"It looks like they're planning to give one of those 'power stone' thingies. If you have one of those equipped you'll attract swarms of the opposite sex - I read that in an ad at the back of one of Master's magazines."
"Whatever..."
Wanting more than anything not to get involved, Ookurikara put himself at a distance from Hasebe's group.

Pulling themselves back on track, their next destination was the Samonji brothers' room.
"It might be a little rude to say they don't seem all that motivated, but that might be just fine after all of Heshikiri Hasebe's fighting spirit."
Having calmly said what was honestly an incredibly rude comment, Tsurumaru threw open their door in his usual overzealous manner.
"What is this sudden intrusion? You're being rather loud..."
Souza Samonji, unhappy-looking as always, and Kousetsu Samonji, sitting so still you could mistake him for a bronze statue.
Among all the swords in the citadel, they were part those considered to be particularly quiet. When angered in battle, however, you couldn't help feeling a little bad for the enemies.
They didn't seem to be making charms, from the looks of things. Perhaps they'd been drinking tea - there were teacups and teacakes sitting on the table.
It seems they'd been enjoying a peaceful day of relaxation, on a day away from the front lines.
"We were hoping to know what kind of charms you charms you planned to give."
A tiny shadow slipped past below Tsurumaru's arm.
"I'm back..."
Sayo Samonji settled himself into the space between his brothers.
"I got yours, too..."
He pulled out three pouches, lining them up on the table.
Mitsutada squatted down, meeting Sayo's line of sight.
"What are these?"
"They're giving out charm pouches, in the tantous' room....The tantous made them...I helped, too."
The pouches, made of hempen cloth, were small enough to fit in one hand. You could put something you liked inside one, and pull it tight shut with the attached string.
It seemed the tantous had not only made their own charm pouches, but were distributing them to the other swords as well. With this, you could participate without needing to go as far as Hasebe had in his running off in search of rocks.
"Well, Hasebe-kun probably went off on that expedition to show off the difference between him and other swords..."
Halfheartedly, Ookurikara - who hadn't wanted to wander around the citadel as much as he had - gestured towards the pouches with his chin.
"Tsurumaru Kuninaga. This'd work for you too, right?"
"Hmmm. They're really nice pouches, so if we found something equally refined to put in them..."
Turning pale at Tsurumaru's words, Sayo muttered:
"I don't...have anything refined..."
Souza frowned, and a sad look clouded Kousetsu's face.
"I'm sure your feelings are important, for things like this. And you went to all the trouble of making these pouches for us, too."
"This world is full of sorrow..."
"S-sorry. Please forgive me, I didn't mean to make you sad."
Sayo dejectedly turned his gaze downward, making Tsurumaru grow increasingly flustered.
"I'll think over it together with you, so please cheer up!"
Mitsutada and Tsurumaru tried to cheer him up, but not once could they get the depressed Sayo to look up again. He hadn't been a particularly cheerful character to begin with, but this was too much. Slumped as if a heavy burden had been placed upon his shoulders, his retreating figure was pitiful to watch.
Ookurikara clicked his tongue, picked up a pouch, and held it out in front of Sayo.
"...Humans write their wishes on a paper to put in here."
"Wishes on paper..."
"I don't know what the other swords are putting in theirs, but you should put what you want in it. What I mean is, it should be fine as long as it's not something you'd take for granted."
"What I want...revenge..."
He'd started muttering something repeatedly to himself, but he took the pouch, and it seemed he'd regained his motivation.
"You're pretty good, Ookurikara. When'd you become such a good babysitter?"
"Shut up."
Waving off Tsurumaru's persiflage, Ookurikara watched over Sayo's actions.
Sayo peeked quietly at what his brother swords were doing. The stylish-looking Souza, who'd put a few pieces of fragrant wood in his charm pouch, spoke to the younger sword with a kind voice.
"Just something you like in it, Sayo."
Then Kousetsu suddenly pulled out a writing brush, and began to write something.
The word he spelled out on the tiny piece of washi paper was...
"Peace..."
Upon Sayo's reading it aloud, Kousetsu calmly nodded his head, and waited for the ink to dry. He'd written that surprisingly quickly.

この和紙を祈りたたんで巾着に入れてしまえば、お守りは完全だ。
鶴丸は腕を組んでなりゆきを見守っている。
「いや、まあそうなるだろうと思ったけど、もっと意外性のある言葉を選んだほうがいいんじゃないか?これじゃあ驚きが」
「鶴丸さん、静かにしよう」
「むがっ」
光忠が笑顔で、だが有無を言わせず、鶴丸の口元を覆った。
「兄さんが和睦を願うなら、僕が復讐を願っては矛盾するね……」
小夜が迷っていると、ようやく光忠の口封じから逃れた鶴丸がたずねた。
「復讐以外に好きなもの、あるんじゃないか?」
「復讐、意外で……」
ぼろんと小夜の懐から顔を出した柿に、鶴丸は目をつける。
「主に柿をいっぱい食わせてやりたいとか」
「ああ……飢饉は避けたいよね……」
「ちょっと待ってな」
鶴丸は風のように部屋を去ると、嵐のように舞い戻ってきた。
その手の中には「柿の種」がおさまっている。
主がよく酒のつまみにしている煎餅菓子だ。
「これなら主は皮むきをする必要もなく、いつでも柿の種をぼりぼりいけるさ!」
大倶利伽羅はあきれ返った。
「煎餅臭いだろ……」
光忠も、必死になって「油分がしみるから!」と止めている。
鶴丸がよけいなことをしでかすまえに、大倶利伽羅は無言で柿の種を食べた。

*:・゚'✿,。・:*:❀・゚'❁,*:❀・゚'❁,✿,・:*❀・゚'❁

「さて、俺たちはどうする?」
自分たちに与えられた部屋に戻ると、鶴丸は腕を組んだ。
「やっぱりお守りにも驚きが必要だよな」
「僕はかっこいいのがいいな」
「……………」
すでに日が暮れかかっている。夕飯を食べて、布団をかぶって寝てしまいたい―――と大倶利伽羅が思っていると、鶴丸はぱちんと指をならした。
「ひらめいた!やっぱり驚きといえばナマモノだな!」
ろくなひらめきではない。
「ナマモノって……何をする気?」
光忠がおそるおそるたずねると、「まぁ見てな」と鶴丸は得意気だ。
彼は立ち上がると、おもむろにろうそくを立てていた燭台を斬り落とす。
「とりあえず光忠のぶんはこれでいいだろう」
「何してるの!?」
「俺たちの名前にちなんだものを贈ろうと思ってな。送り主は見ればすぐにわかるし、いつでも俺たちがついてるみたいで心強いだろ?贈り物はワ・タ・シというやつだ」
お倶梨伽羅は絶句した。
鶴丸の行動は、おそらく主の持っていたマンガ雑誌の影響に違いない。でなければそんな薄ら寒いまねをしようなどと……いや、この鶴丸ならば考えるかもしれない。
「次は大倶利伽羅の龍と俺の鶴だな!」
「鶴はともかく龍はいないだろう。もうやめておけ」
ろうそくを立てておくものを失い、今夜は暗闇で過ごすことを余儀なくされた大倶利伽羅は、眉間にしわをよせていた。せめて自分たちの部屋ではなく、使っていない別の部屋の燭台を斬ってほしかった。
「大丈夫。実は最近この本丸の近くでシマヘビを見つけてな、この通り捕獲して大事に育てていたんだ!」
鶴丸は大きな透明の箱を押入れから取り出した。
ヘビはつやつやとした体を動かし、細い舌をのぞかせている。
「い、いつの間にそんなものを」
きれい好きの光忠は、知らぬうちに増えていた同居人の姿を見るなり、気を失わんばかりである。
「つぶらな瞳がかわいいぞ。光忠、近くで見たらどうだ?」
「……」
大倶利伽羅は、押入れの奥はけして覗かないことを固く誓った。
「俺が手塩にかけて育てたんだ、愛嬌があるだろう?毎日世話をするものがあれば、主はきっと喜ぶぞ。龍とは言えないが、うろこ繋がりだと思えば……おや?」
箱の蓋を元気よくおしあげ、ヘビがびょんと飛び出した。
「おいおい、こりゃ驚いたな」
「驚いてる場合じゃ……あれ?」
光忠がするすると動くヘビを見て、口元をふるわせている。
「あれ……ヘビじゃなくて”まむし”じゃない?」
「まむし?」
鶴丸がきょとんとした顔をしている。
「あれはシマヘビじゃないのか?」
「違うよ。でも早くどうにかしないと、まむしは毒を持っているからーーー」
まむしはまっすぐに大倶利伽羅に向かってきた。
(外に放り出すか……)
大倶利伽羅がまむしをむんずと摑むと、鶴丸が青ざめた顔で声を張った。
「待ってくれ大倶利伽羅、そいつは毒があるらしい!触ったら危ないぞ!」
「いや、知って―――」
だからこそ捨てようとしているのではないか。鶴丸は大倶利伽羅を助けるつもりらしく、こちらへ向かって猛進してくる。
すると飛び出してきた鶴丸に驚いたまむしが、体を勢いよくうねらせた。
鋭い痛みが走り、大倶利伽羅は思わず顔をゆがめる。
鶴丸が、驚きに目を見開いている。
「大倶利伽羅!」
「……読み違えたか……」
自分の腕にかぶりつくまむしを引きはがすのに、彼はかなり苦戦することになった。
ようやくまむしを外へ放り出すと、そのままばったりとくずおれてしまった。
「大倶利伽羅……大倶利伽羅……」
ーーーうるさい。
耳元で騒ぐ声の主に悪態をつきたくとも、体がしびれて唇ひとつ動かせない。
噛まれた腕は晴れ上がり、激痛が走っていた。皮膚の色は赤黒く変色している。
「鶴は今から用意するぞ。お前が起きてくれないと……」

この期に及んで鶴まで盗んでくるつもりらしい。
俺なしで勝手にしろ、と大倶利伽羅は心の中でつぶやいた。
(まむしの毒か……動けないな)
熱が出ているのか、体が熱い。そのくせ、定期的に寒気がやってくる。
「間が悪かったね。主が戻らない日に怪我をするなんて……」
光忠の心配そうな声。頭の上にひやりとしたものが載る。
氷を包んだ手ぬぐいのようだ。
柄にもなくあせった様子で、鶴丸はたずねた。
「主は俺たちの出した知らせに気が付くだろうか」
「普段そういうのに疎い人だからね。気が付いてないかもしれない……」
鶴丸は腕を組んで、縁起でもないことを言う。
「なあ、主がいないまま、手入れもできずに手遅れって事になったりしないんか?」
「僕たちは刀だから、大丈夫だと思いたいけど……」
「俺にできることなにかあるか?」
「とりあえず、僕たちは静かにしていよう。少しでも眠れるといいんだけど……」
枕元でぎゃあぎゃあとうるさい鶴丸を、光忠が外に出してくれたので大倶利伽羅はほっとした。騒音がなくなるだけでも心が安まるというものだ。
(俺はひとりでいい……)
熱に浮かされ、ぼうっと天井を見上げる。
しかし、鶴丸がふざけて出したまむしの毒で死ぬというのも、まぬけな話である。
ひとりで死ぬと普段から口にしている大倶利伽羅だったが、この死因だけは勘弁願いたかった。
断続的にやってくる睡眠と覚醒をくり返し、大倶利伽羅は一晩中苦しんだ。

―――翌朝。
目が覚めると天井に色とりどりの何かがぶら下がっている。
ぼんやりと見上げていると、彼の額にそっと誰かの手が載せられた。
(光忠……?)
かたわらに審神者の姿を見つけ、大倶利伽羅は飛び上がった。
「俺は……」
「よかった。もう大丈夫だね。君が危ないと聞いて、主が急いで帰還してくれたんだよ」
光忠がほっとしたような顔で言った。
どうやら、手入れをされたらしい。しびれはとれてなんともないし、こうして飛び起きる体力もある。
「あれはなんだ?」
目の前にぶら下がる、のれんのようなものを見て、大倶利伽羅は顔をしかめた。
「千羽鶴っていうんだ。健康祈願のお守りだよ。鶴丸さんが昨晩、一生懸命作っていた」
水色や桃色、ときおり金色の混じった鮮やかな折り鶴が、大倶利伽羅が触れるとゆらゆら揺れる。
―――驚いた。
目が覚めたとき、天井にこれが吊るされていたせいだろうか。視界に入ってきたのがあまりにも鮮やかな色だったので、一瞬別世界にいるのかと思った。
「お守りか。懲りずにまだやっていたのか」
「主のじゃなくて、君のだよ。早く良くなるようにって。僕もちょっと手伝ったけど、ほとんど彼ひとりでやっていたよ」
「……」
折り鶴と光忠の顔を見比べて、大倶利伽羅は押し黙った。
普段は人をひっかき回して平然としているくせに、たまにこちらが戸惑うような行動をとる。それが鶴丸国永である。
「僕、彼に伝えてくるね。心配してたみたいだから」
心配も何も、こうなったのはまむしを隠れて飼っていたあいつのせいだ……。
と大倶利伽羅は思ったが、しばらく千羽鶴をぼんやりとながめていた。
もしかして、これを千羽折って紐で繋げる作業というのは、かなり退屈ではないのだろうか。
「大倶利伽羅、大丈夫か!?」
鶴丸がまたもや襖を乱暴に開けて、部屋に押し入ってくる。
「すまなかったな、俺のせいで」
「別に」
ひややかに返したが、鶴丸は構う様子もない。
「どこかまだ痛いところはあるか?腹は下してないか?」
「……」
賑やかな声が聞こえてきて、光忠が様子を窺う。
「遠征部隊が帰ってきたね」
主を捜しているらしい。何かを引きずるようなごろごろ、という音が聞こえてくる。
審神者が姿を見せてやると、長谷部たちがすぐにかけつけてきた。
「主への手土産です」
荷車にくくりつけられた特大の岩を前に、長谷部は得意そうに言う。
「翡翠の原石をお持ちしました。お納めください」
大倶利伽羅は騒がしくなったので、舌打ちをして表へ出た。
かたわらにいる審神者の様子をちらりと窺う。
当たり前だが、審神者は戸惑っているようである。
いきなりどこから持ってきたのか分からない巨大な岩を納めろといわれて、困惑することしかできないらしい。
「主。これはとある計画で……」
光忠が慌てて説明しようとするのを、長谷部がかみつくように止める。
「俺の献上品の説明は、俺がする」
長谷部は咳払いをして、朗々と話し始めた。
「主。古来から翡翠は魔除けの石として、やんごとない身分の方に愛されてきました。災難を避け、願いを叶え、心を開く……そのような効果があると伝えられています。何より時代をひもとけば、翡翠は尊い身分の者しか持つことを許されませんでした。俺にとっての貴き人は主に他ならないという想いをこめて、翡翠を主の守り石にしようと決定いたしました。翡翠の産地を各時代周回し、もっとも透明度が高く、貴石としての価値が高い時代の石を持ち帰った次第です。詳しいご説明は別室でさせていただきます」
ちらりと長谷部がこちらに視線を向けた。
「おい、大倶利伽羅」
長谷部は懐から小さな石を採りだし、大倶利伽羅に投げて寄越した。ごつごつとした翡翠の石だ。
「聞いたぞ。調子はもういいのか」
「あんたには関係ないだろう。―――これはなんだ」
「予備の石だ。災難除けにくれてやる」
長谷部は言うなり大倶利伽羅に背を向ける。審神者を部屋でくつろがせるつもりらしい。
大倶利伽羅は手のひらを開いて、翡翠を確かめた。
加工品なら見たことがあったが、原石を見るのは初めてだ。
(本当に緑色なんだな)
ところどころ白や灰色が混じっている。整えられた加工品は身につけるには便利だが、見ていて飽きないのは原石の方だ。
「あ、主!あとで渡す物があるから、そっちに行くね!」
響いてきたのは、乱藤四郎の声だ。
粟田口の刀たちはすれ違いざまに主に声をかけると、手入れ部屋の方へかけてくる。
「あれ?大倶利伽羅がいない!」
自分を捜しているらしい。
何の用かは知らないが、うるさく捜し回られてはたまらない。大倶利伽羅は気が進まなかったが、声をかけた。
「なんだ」
「あ、元気になってる!良かった~」
短刀たちの手には、見覚えのある巾着袋。
桜色や藤色、露草色のお守り袋がゆらゆらと揺れている。
「これ、みんなで作ったんだ!」
「そうか」
主に渡すお守り袋のことは、すでに小夜から聞き及んでいる。
淡白な返答がきにくわなかったのか、乱は頬をふくらませ、お守り袋をつきだした。
「これ、大倶利伽羅のなんだけど!」
「……は?」
「昨日まむしに嚙まれて大変だったんでしょ?回復を願ってみんなで作ったんだよ」
「それは、審神者に渡すものだろう」
「主の分もあるけど、みんなで慌てて大倶利伽羅の分も作ったの!」
横から小夜がおずおずと前へ出た。
「これ……」
差し出されたお守り袋を受け取ると、布ごしに固い感触がある。
「果物の、柿の種だから安心して……」
「……わかった」
短刀たちから次々とお守り袋を渡され、腕に抱えきれないほどだった。
大怪我を負って本丸に帰還したときも、ここまでされたことはない。不思議に思っていると、光忠が箱を持ってやってきた。
「ああ、たくさんもらったみたいだね。これには入れておいたら?」
箱の中身はまねき猫や札などの縁起物がこれでもかと詰め込まれている。
「これも君にって。他の刀たちから渡されたんだ」
「なぜどいつも俺に物を寄越すんだ」
「昨日、君を怪我させてしまったって鶴丸さんが大騒ぎしたからね。主もいなかったし、僕たちだけじゃなくて、本丸のみんなが心配してたんだよ。それだけ鶴丸さんの慌てようが普通じゃなかったってこと」
あいつはいつも普通じゃないが―――と思いながら、光忠から箱を受け取る。
「あいつはどこへ行った?」
「鶴丸さん?そういえばどこに行ったんだろう」
ふたりして庭に出て、鶴丸の姿を捜す。
どこから騒がしく声が聞こえてくるのは、みなが列をなして審神者にお守りを渡しているからかもしれない。
審神者の部屋の前に出ると、予想通り刀たちが詰めかけている。
鶴丸は、庭先に立っていた。安置された翡翠の石を見るともなく見ている。
(ずいぶん静かだな)
あんな風にぼんやりと石をながめているだなんて。
大倶利伽羅はようやく気が付いた。
静かにしているほかないのだ。鶴丸は一晩中、千羽鶴を折っていた。
大倶利伽羅が近づくと、鶴丸は振り向いた。
「ああ、大倶利伽羅。すごいなこの石は。ただの緑色じゃなくて、いろんな色が入っているだな。それにこの大きさ、たまげたぞ」
鶴丸は屈託なく笑っている。
「あんた……何も渡すものがないんだろ。―――わる……」
悪かったな、と続けようとしたのを鶴丸は遮った。
「おっと、それ以上は言っちゃぁいけないぜ。もともとは俺が悪かったんだしな」
「だが、人一倍はりきっていただろう」
「もちろん大はりきりだ。こういう計画は大好きだからな」
あの折鶴丸を贈ったなら、審神者は喜んでいたかもしれない。
けれど折り鶴は大倶利伽羅のために折られた。鶴丸は楽しめる企画に参加することよりも、夜なべして大倶利伽羅のために願掛けすることを選んだのだ。
大倶利伽羅は黙りこくった。そして、しぼりだすようにして言った。
「……あの、折り鶴」
「うん?」
「……結構、驚いた」
「そうか!」
鶴丸はぱあっと明るい表情になる。
懐から赤い折り鶴を取り出して、大倶利伽羅の手に乗せた。
「こいつは橋をぴしっときれいに折らないと、不格好になるんだ。それはちょっとばかし失敗したやつだな」
大倶利伽羅は折り鶴に触れた。たしかに羽根のあたりがゆがんでいる。
「鶴丸さん、ずいぶん折るのうまくなったよね」
光忠がやってきて、巾着袋を差し出した。
「これ、一応もらってきたけどどうする?」
鶴丸が手持ちぶさたなのに気が付いて、光忠は袋をわけてもらいに行っていたようだ。
「いいや。俺は遠慮する」
鶴丸はそう言うと、得意気に胸を反らした。
「大倶利伽羅は千羽鶴に驚いたらしいからな!主にも鶴をやることにするぞ!」
「また千羽鶴を折るの?」
「いいや。主は手入れ部屋で千羽鶴を見ているから……驚かすなら万は折らないとな!」
「は……………………?」
「朝起きたら、主の部屋は万の鶴で埋め尽くされているというのは、なかなかいい筋書きじゃないか。よし、そうと決まったら仕込みだな」
「待て」
「そして折り鶴に驚いて部屋を飛び出した主の前に、本物の鶴がさっそうと登場っていうの、なかなか驚くだろう?もちろん本物の鶴は、俺のことじゃないぜ」
やはり鶴を捕獲するつもりである。
翼を持ち、くちばしもある。しかも殺して持って帰るわけにいかない。岩よりもよほど手こずるに違いない。
「万羽鶴という名前にちなんで、山姥切もこの驚きの企画に加えてやろう」
哀れな被害者がひとり増えたところで、大倶利伽羅は絶句した。
「俺はついていかないぞ」
光忠は困ったような顔でふたりの間におさまる。
「彼は痛み上がりなんだから、あんまり無理させたらダメだよ」
「今の大倶利伽羅にはお守りがたくさんあるから平気だろう!特に俺の折り鶴は効果ばつぐんだって証明されたわけだしな!」
めちゃくちゃである。だいたい効果があったのは、審神者の手入れであって鶴のおかげでは……。
(ない……だろう)
大倶利伽羅は鶴丸に手渡された赤い折り鶴を、潰さないように手で包んだ。
たまたま主が知らせに気づき、大事に至る前に本丸に帰還したのは、折り鶴のせいではなくおそらく偶然だ。
「その鶴の作り方、俺がとくと教えてやる!見本にさっきの鶴はとっておけよ!」
俺まで鶴を折らされるのか……と大倶利伽羅は不服そうに顔をあげた。
折り鶴の羽根をつまんで、鶴丸の前にかざしてみる。
赤い折り鶴は、目の前で笑う鶴丸の白に映えて、紅白のめでたい色合いを作り上げていた
「さて、そうと決まれば折り紙をしながら、鶴の生息地について調べないとな!万羽鶴の作成にあたり、山姥切にも声をかけてこよう!」
この後、徹夜で折り鶴作りにつき合わされた寝不足の体で、鶴の捕獲に無謀にも挑戦。くちばしで脳天を突かれて再び負傷することになるとは―――再び、自分の頭の上でおびただしい数の折り鶴がくるくる回ることになろうとは―――この大倶利伽羅は、知る由もなかった。

Profile

rikoren: (Default)
Kestrel

June 2017

S M T W T F S
     123
45678910
1112 1314151617
18192021222324
252627282930 

Most Popular Tags

Style Credit

Expand Cut Tags

No cut tags
Powered by Dreamwidth Studios