rikoren: (errr...)
[personal profile] rikoren


/f軍とハイランド王国との戦いが終わってから、すでに三ヶ月がたっていた。おれはと言えば、グリンヒルを助けた代わりにハイランド軍に追われ、任務遂行もままならず、警備隊の方でも登録抹消か、消息不明扱いになっているだろう。
It's already been three months since the war between the Dunan Army and the Highland Kingdom. Speaking of myself, in exchange for successfully accomplishing the task of helping Greenhill drive off Highland's forces, my records with the guards were erased, hopefully making me untraceable.

今、おれは故郷であるハルモニアの首都、クリスタルバレーへの道をたどっていた。そこで待つものが何かは、わからなかったが、ザジとの決着はつけなくてはならない。
Now I'm in my birthplace of Harmonia, on the road to its capital, Crystal Valley. I don't know what's waiting for me there, but I've got to settle things with Zaj.

ティント市から、グラスランドに入って、すでに二週間、もう少しでハルモニア領だ。一週間もあれば警備隊本部のあるカレリアに到着できるだろう。おれは山越えを前にして、小さな村に立ち寄ることにした。食料と、幾ばくかの薬が手に入ればいいんだが。
Coming from Tinto, I've already been a fortnight in the Grasslands, so I should be in Harmonian territory soon. Hopefully I'll have reached the garrison headquarters in Caleria by next week. Before crossing the mountains, I stopped by a little village. I'd be glad to get my hands on as much food and medicine as I could afford.



ナッシュ
「・・・・?なんだか、にぎやかだな。」
Nash
"....? This place is pretty busy."

村のあちこちに露店が出ている。村人たちも、笑顔をうかべてずいぶんと楽しそうだ。
Street stalls are scattered around the village. The villagers all have beaming smiles on their faces, as well.

ナッシュ
「あの、ちょっといいかな?」
Nash
"Um, excuse me?"



女性
「はい、なんでしょう?」
Woman
"Yes, what is it?"

ナッシュ
「ずいぶんとにぎわっているみたいだけど、祭りでもあるのかい?」
Nash
"I was just wondering, with everything looking so lively, is there a festival going on?"



女性
「お祭り・・・・・・・とは少し違いますね。雪解けが終わって新緑が芽生える頃に、いつも村総出で、にぎやかな宴を開くんですよ。わたしたちは『蹄(ひづめ)と草笛の宴』と呼んでいます。あの、この辺りでは見ない服装ですけどどちらからいらっしゃったんですか?」
Woman
"This is.......not exactly a festival. Whenever the snow has thawed and the plants have started sprouting, everyone in the village always gets together and throws a feast. We call it the Hoof(Horseshoe) and Reed Pipe Feast. Um, I've never seen clothes like yours in this area before, may I ask where you're from?"

ナッシュ
「グラスランド中を、あちこちぶらぶらとね。」
「ああ、都市同盟から来たんだ。」
Nash
> "I've been wandering around the Grasslands, is all." (Popularity +1)
> "Oh, I came from the Allied City-States." (Secret +1)

女性
「じゃあ行商・・・って格好でもないし、旅の吟遊詩人?それとも・・・秘密の任務でグラスランドにやって来たスパイ??」
Woman
"A peddler then...but you don't look much like one, so a minstrel maybe? Or...a spy on a secret mission to the Grasslands??"

ナッシュ
「え、いや、そんなんじゃ・・・・・」
Nash
"Er, no, that's not....."

女性
「ふふ、それじゃあ、わたし今日の料理を任されているんで、失礼します。楽しんでいってくださいね。」
Woman
"Hehe, well I have cooking duty today, so if you'll excuse me. Please enjoy the festivities."

=>
------


女性
「・・・・都市同盟・・・・・ですか?じゃあ・・・ /f軍の方とか・・・・・」
Woman
"....Allied City-States.....? Then... You're from the Dunan Army....."

ナッシュ
「え?別にそう言うのじゃないけど・・・・何か?」
Nash
"Eh? That's sort of different.... Isn't it?"

女性
「いえ、何でもありません。わたし、料理の係を任されたんで、これで失礼しますね。」
Woman
"Sorry, it's nothing. I have cooking duty, so if you'll excuse me."



ナッシュ
「あ、ちょっと・・・・」
Nash
"Ah, wait...."

名前を聞けなかったのは残念だが、宴が始まれば、きっと彼女の料理が皆にふるまわれるのだろう。旅の思い出にそいつを少しばかり腹におさめたって、誰にも文句は言われないだろう。
Sadly I didn't get to hear her name, but the feast can't start until she's served up her cooking, I guess. Just remembering my travels so far makes my stomach growl, so I'm not one to interrupt.



いろいろな食料、衣類、土産物、この宴にやって来る人目当ての露店にはさまざまなものが並んでいた。おれは、保存のききそうな食料と山越え用の装備を手に入れることができた。一番ほしかった、薬のたぐいが手に入らなかったのは残念だが・・・
There's all sorts of food, clothes, and souvenirs, drawing people's eyes to the various lined up stalls. I've stored the food and equipment I got for crossing the mountain. Unfortunately I failed to get any medicine, which was my number one priority...

気がつくと、広場に何やら人だかりができていた。時間もある。ちょっと、のぞいてみるか。
Next thing I know, a crowd's gathered in the main square. I've got time. Might as well take a peek.



街をめぐっては芸を披露して金を稼ぐ旅芸人か。こう言うもよおしにはつきものだな。
The group facing the square looks like some traveling entertainers putting on a show for money. This sort of event is pretty popular.



アイリ
「さあて、そろそろ次の出し物に・・・・そうだねぇ・・・・・・・・・・・・・・」
Eilie
"Now, for our next performance.... Let's see.............."



アイリ
「よし!そこのお兄さん!そこの金髪のお兄さんってば!!」
Eilie
"Okay! You there! The blonde over there!!"

ナッシュ
「・・・・・・ん?あ!?おれのことか?」
Nash
"......Hm? Huh!? You mean me?"

アイリ
「他に誰がいるって言うのさ?こんな日に、ぼーーっとしてたら財布も何も全部スリにやられちゃうよ。」
Eilie
"Who else? On a day like this, if you keep on dreaming like that you might find a pickpocket's stolen your purse."

ナッシュ
「え?」
Nash
"Eh?"

反射的に財布を確かめる。大丈夫だ。周りの人間もおれと同じように自分の財布を確かめている。
I reflexively reach for my purse. It's safe. The surrounding crowd checks their own purses as well.



アイリ
「ふふ、大丈夫だったかい?よし、それじゃあちょっと手伝っておくれよ。なーーに、簡単なことだからさ。ほら、ほら。」
Eilie
"Hehe, it's safe right? Okay, now lend me a hand. Whaat, it'll be easy. Come on, come on."

ナッシュ
「お、おれが?」
Nash
"M-me?"

アイリ
「そう、決まり!さぁ、こっちに来て!」
Eilie
"That's right, I've decided! Now get over here!"

そう言われて少女に引っぱられ、一本の木の前に立たされた。何か・・・いやな予感がする・・・
Having said that, the girl drags me over to stand in front of a tree. Somehow...I've got a bad feeling about this...



ボルガン
「はい、みなさん!注目、注目!!!!ここに現れましたるは、ナイフ投げの名手にして名だたる美少女、アイリ嬢でございまぁ−−−す!!」
Bolgan
"Okay, everyone! Attention, attention!!!! Here before you is the famous and beautiful knife-throwing expert, Lady Eiliiiee!!"

ナッシュ
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・」
Nash
"...................."

ボルガン
「その素晴らしき腕前、素晴らしき妙技をとくとごらんくださぁ−−−い!!」
Bolgan
"Please watch her wonderfully exquisite performance of this magnificent skiiilll!!"

ナッシュ
「ナイフ投げって・・・・・・もしかして・・・・おれがマトか?」
Nash
"Knife-throwing...... Could it be....am I the target?"



アイリ
「あれあれ?お兄さん、まさかナイフが怖いなんて言わないよね?」
Eilie
"What's this? Mister, don't tell me you're afraid of knives?"

ナッシュ
「い、言うわけないだろ・・・・」
「じ、実は・・・・・・・・・・」
Nash
> I-I never said that...." (Popularity +1)
> "W-well, actually.........." (LP +1, Popularity -1)

アイリ
「そうだよね。そうじゃなくちゃ!大丈夫、腕は確かだから安心して!!」
Eilie
"That's right. Of course you aren't! It's fine, I've got really good aim so you won't have to worry!!"

ナッシュ
「あ、いや、ちょっと待っ・・・・・・」
Nash
"Ah, no, wait a......"

=>
------
アイリ
「もう、今さら何を言ってるの・・・・ほらほら、度胸だめしさ。いいとこ見せてよ!!
Eilie
"Geez, to say that now.... Hey now, get up some courage. You're gonna see something good!!"

ナッシュ
「度胸だめしなんかいい、やめてくれぇーーー」
Nash
"It's not like I can become brave at a moment's notice, hold on---"



艶やかな笑みを浮かべた女性が、まだ熟れきっていない小さなスイカを抱えて歩み寄って来た。ナイフを構えるアイリとよく似た顔立ちからすると彼女の姉だろうか?彼女は、スイカをおれの頭に置くと、耳元で小さくささやいた。
A woman with a beautiful smile comes walking up, carrying an unripe little watermelon in her arms. Judging by her looks, is she the knife-wielding Eilie's sister? Placing the watermelon on my head, she whispers quietly in my ear.

リィナ
「あの子が無理を言ってすみません。決して動いてはダメですよ。あの子、今日はあまり調子が良くないみたいだから・・・・」
Rina
"I'm sorry she's being so unreasonable. Now don't move an inch. I don't think she's been doing too well today...."

ナッシュ
「なにぃっ!?」
Nash
"Whaaat!?"

リィナ
「大丈夫ですよ。よく効く傷薬を持ってますから。」
Rina
"Don't worry. I've got some good medicine."

ナッシュ
「そう言う問題じゃないだろっ!!!!」
Nash
"That's not the problem-!!!!"



アイリ
「さあ、いくよ!」
Eilie
"Alright, here we go!"

どうにも逃げられないようだ。おれは覚悟を決めることにした。アイリは、慎重に狙いを定めているが・・・・
It's impossible for me to escape now. I decide to grit my teeth and prepare for the worst. Eilie carefully begins to aim....

・・・・・・・・・・・・・・・
動かない
ちょっと右へ
ちょっと左へ
...............
> Don't move (Popularity +1)
> Move a hair to the right (LP +1, Popularity -1)
> Move a hair to the left (LP +1, Popularity -1)



アイリ
「それ!」
Eilie
"There!"

ナイフはおれの頬をかすめ、木に突き刺さった。腕は確かだって言ってなかったか?
The knife grazed my cheek, sinking into the tree. Didn't she say she was good at this?



アイリ
「そうそう、いい調子だよ。」
Eilie
"Hmmm, I've got a good rhythm going here."

==>
------


アイリ
「あ!」
Eilie
"Ah!"

ナイフはおれの左頬をかすめ、木に突き刺さった。つまり、動いていなかったら・・・・
The knife grazed my left cheek, sinking into the tree. If I hadn't moved.....



アイリ
「・・・まぁ、結果オーライかな。」
Eilie
"...Well, I guess it turned out alright."

==>
------


リィナ
「あら、動いちゃ・・・・・・」
Rina
"Oh, he moved......"




ナイフはおれの左頬をかすめ、木に突き刺さった。う、動かないほうがよかったか・・・・。
The knife grazed my left cheek, sinking into the tree. Urgh, maybe I shouldn't have moved.....

アイリ
「言っとくけど、自業自得だからね。」
Eilie
"I told you, you had it coming."

ナッシュ
「な、なあ、もうやめにしないか?おれ、ちょっと用事を思い出して・・・・」
Nash
"H-hey, can we stop now? I, I just remembered something I've got to do...."

アイリ
「大丈夫!心配いらないって!これで決めるからね!!」
Eilie
"It'll be fine! Stop worrying so much! This one'll hit for sure!!"

アイリの目に鋭い光が宿った。本気だ。本気なのはわかるがそれで手元が狂ったりしたら、今度こそ・・・・・
Eilie gets a dangerous look in her eyes. This is serious. I can tell, if she misses now.....




観客から拍手が巻き起こった。ナイフが無事に、マトに刺さったのだ。ほっと息をついてアイリたちを見ると・・・・
A round of applause rose up from the audience. The knife had safely pierced its target. I breathe a sigh of relief as I look at Eilie and her friends....



ボルガン
「はい、拍手、拍手ーーー!お代はこちらに願ーーい!!」
Bolgan
"Okay, applause, applause---! Please pass your tips over heere!!"



アイリ
「ありがとうございます!!ナイフ投げのアイリでしたぁ−−−!!」
Eilie
"Thank you very much!! That was the knife thrower Eiliiee--!!"



リィナ
「ふふ、ありがとうございます。よろしかったら、カード占いもいたしますよ。」
Rina
"Heheh, thank you very much. If you'd like, I can tell your fortune."



ナッシュ
「さすがにたくましいな・・・」
Nash
"She's really strong..."

気がつくと彼女たちは観客に囲まれていた。どうやら、次の出し物が始まるらしい。また、マトにされてはたまらない。おれは、そっとその場をはなれることにした。
Before you know it, they've been surrounded by the audience. By the looks of it, they're going to start their next performance. I can't bear the idea of being the target again. Quietly, I leave the area.

????
「ふふ、災難でしたね。」
????
"Heheh, that was quite a disaster."



振り向くと、二人連れらしき男の片方が、さわやかな笑みをおれに向けていた。
I turn around, catching two men standing off to the side, one of which flashes a charming smile in my direction.

ナッシュ
「えらい目にあったよ。いくら調子が悪いって言ったって・・・」
Nash
"I had a pretty hard time of it. Even if I told you how bad she was..."

カミュー
「それは彼女の演出でしょう。一投目はギリギリのところではずして、二投目で成功してみせる。観客は大喜びでしたよ。」
Camus
"I think that's a part of her show. To barely miss on the first try, then succeed on the second. The audience really enjoys it."

ナッシュ
「なるほど、そう言うことか。冷や汗をかいて損をした。」
Nash
"I see, so that's how it is. And here all that cold sweat was for nothing."



マイクロトフ
「あの娘たちは相変わらずのようだな。騎士団の方で面倒を見ると言うものを・・・」
Miklotov
"Looks like those girls are the same as ever. Even when us knights are watching them..."

ナッシュ
「”あの娘たちは”?あの旅芸人と知り合いなのか?」
Nash
"'Those girls'? You've met those performers before?"

マイクロトフ
「ええ、おれはマイクロトフ、こっちはカミュー。あの娘たちとは、先の戦争でいっしょに戦った仲でね。」
Miklotov
"That's right, I'm Miklotov, and this is Camus. We fought together with those girls in the previous war."

カミューとマイクロトフ?/f軍でも中核だった、元マチルダ騎士団の二人か?
Camus and Miklotov? Part of the core of the Dunan Army, originally of the Matilda Knights?

ナッシュ
「じゃあ、あんたたちは・・・・」
Nash
"Then, you're...."

????
「あ、いたいた。もう、さがしたんだよ。」
????
"Oh, there you are. Geez, I was looking all over for you."



アイリ
「あれ?カミューさんに、マイクロトフさんじゃない。この人、お知り合い?」
Eilie
"Huh? That's Camus and Miklotov, isn't it. You know this guy?"



カミュー
「つい、さきほどからな。名前は・・・・・・・」
Camus
"We just met, actually. Your name is......."

ナッシュ
「あぁ、ナッシュ。ナッシュ・ラトキエだ。」
Nash
"Oh, Nash. Nash Latkje."

アイリ
「ふうん。ナッシュさんね。それじゃあ、いっしょに行こうよ。さっきおいしそうなチーズ菓子を作ってる露店を見つけたんだ。」
Eilie
"Hmmm. Nash, huh. Well then, let's go. I just saw a stand selling some tasty-looking cheese pastries."

ナッシュ
「ん??いったいどうして?」
Nash
"Huh?? What the hell for?"

アイリ
「さっきの一投目さ。失敗しちゃったじゃない。そのお詫びだよ。」
Eilie
"This is for earlier. I messed up, right. It's an apology."

ナッシュ
「え・・・・・・・・・・・・・」
Nash
"Uh............."

アイリ
「ほらほら、行こうよ。カミューさん、マイクロトフさん、また後でね。」
Eilie
"Come on, let's go. Camus, Miklotov, see you later."



カミュー
「あ、あぁ・・・・・・・・」
Camus
"Ah, right........"



マイクロトフ
「やっぱり、相変わらずだな。」
Miklotov
"Really, the same as ever."

top NEXT =>

Profile

rikoren: (Default)
Kestrel

August 2017

S M T W T F S
  12 34 5
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

Most Popular Tags

Style Credit

Expand Cut Tags

No cut tags
Powered by Dreamwidth Studios