rikoren: (charge!)
[personal profile] rikoren
『朱隠し』
まほらの戸に立つ 産土(ウブスナ)へ 手向けるは 椿花
夢路の社の 其の奥に よもすがら 咲き匂う
standing before the grand entrance to the innocent earth/a tsubaki flower held as offering/
in the shrine in my dreams/they bloom beautifully all night long

捻れの街角 夕暮れに 影法師 誰を想う
からから廻るは 風車 誘われ 君を想う
on the twisted twilit street corner/who is the shadowy figure thinking of?
the clatter of spinning pinwheels/inviting - he's thinking of you

ないしょ ないしょ きこえくるのは
よいの さかいの かぐらうた
the secret, secret tune you hear
on the border of twilight, a kagura song

うたえ
sing

あかやあかしやあやかしの 鳥居 越えたその向こう
歪み歪んだこの心 すべてあいして 喰らいましょう
of the crimson, the light, and the ayakashi/crossing through the shrine gates
with this warped and crooked spirit/loving everything, let us eat

あかやあかしやあやかしの ゆれる狐火 あざやかに
歪み歪んだこの絆 すべてあいして 喰らいましょう
of the crimson, the light, and the ayakashi/in the brilliant swaying foxfire lights
let us love and devour all these warped and twisted bonds

ひふみよいむなや こともちろらね
しきるゆゐつわぬそをたはくめか
うおゑにさりへて のますあせえほれけ

不知花(シラズカズラ)の茜森(アカネモリ) 手招くは まぼろしか
選び選ばれ 行く末は いとしかなしの 朱隠(アカカク)し

逆しまの街はツギハギに 捩れの因果が 蔓延(ハビコ)りて
悼(イタ)みの連鎖はツギツギに 次はどの児(コ)と 追いかける

あかやあかしやあやかしの 願い飢(カツ)えた その果てに
繋ぎ繋げた この想い すべてあいして 赦しましょう

かみのますとりいにいれば このみよりひつぎのみやとやすらげくす
if you stand beneath the gods' shrine gates/the firelit shrine will put you at ease more than any relative
------
『あかやあかしやあやかしの』
赤や灯や妖の
朱の音色のその向こう
朱の鳥居のその向こう
黄昏路の影法師
狐火花の煙る野に
宵の御宮の音の兆し
of the crimson, the light and the ayakashi
beyond the crimson tone
beyond the crimson shrine gates
the shadowy figures of the twilit street
from the hazy field of foxfire flowers
comes the faint sounds of the evening shrine

赤や灯や妖の
恋しや彼の声彼の名前
汝が名を呼ぶのは誰そ彼の
幽けき水面の童歌
君を乞うのは彼は誰の
世界の間の夢現
of the crimson, the light and the ayakashi
beloved his voice, his name
whose name is it you call out in the dusk
a children's song of the fleeting water's surface
who is it that entreats you in the dusk
the world's fleeting trance

真白き雪路の足跡を
淡雪裳裾の丹の影を
追いて転びて辿り着く
誰とも知れぬ人の声
何時とも知れぬ影の街
leaving footprints on the pure white snowy road
light snow falls on the vermillion shadow of the foot of the mountain
chasing and falling you struggle on
the voice of someone you do not know
the shadow of a city you will never know

赤や灯や妖の
白や真白の道行は
宵の御宮の音の名残
世界の淡いの夢現
of the crimson, the light and the ayakashi
down the white, pure white road
lies traces of the sounds of the evening shrine
the world's fleeting trance
――――――
『少年の季節』
宵の宴の枯れ落ちてく椿
君らはまだ僕らから奪って行くのか?
冬の氷雨の儚いひとしずく
あの日の確かな熱さえ消し去った

絡まり合う世界は裏表の不可思議
ひらりひらり外套影を踏み なびく

少しだけ あともう少し 大人になれたのなら
全部失くして忘れてしまおう
はじめから、この思い出も、何もなかったように。

夢の木陰のひそやかな灯火
君らはまだそこから笑っているのか?
冬の祭りの遠くの近くの
喧噪がこの手に触れる闇を呼んだ

偽りない正義は 裏表の不可思議
ゆらりゆらり燃ゆる月明かり 溶ける

紡ぎ重ねたはずの時間も
裏切りではなく僕らが
はじめからそうだっただけなら
本当はずっと交わることのできぬ螺旋

少しだけ あともう少し 大人になれなのなら
全部失くして 忘れてしまおう
大事な約束も、君の声も。
「また来るよ、じゃあね。」


dying camellias fall at the evening feast
you are ever being snatched away from us
fleeting drops
of chilly winter rain
erased all traces of that day's heat
the series of merged worlds
are opposite sides of a mystery
lightly lightly cloak
follow and bend to the shadows
just a little, just a little more
if you become an adult
you'll lose it all, forget
as if from the beginning,
these memories never were.

(逆しまの 街は 飽食の
椿色 食べる 人々が
手を伸べて 君を 待っている
あかひるに 在った 影のように)
(the people of the upside down town
who gluttonously eat the colors of camellias
reach out their hands waiting for you
you were in the red day like a shadow)

――――――
『嵯峨野』
枯れ葉のうたに 耳を澄ませば
いつか見た夢
冬しぐれ
ゆれるまなざし伏せた
少年の日
燃え立つように深い
憎しみを

(夕暮れ待ちわび、隠した 待ち人。 幻い 思い出...)

あなたお願いを
この腕に刻み
ときはなてたら
いいのに
その闇に触れて
さまよう僕らは
繰り返し
塗りかえられてゆく記憶
忘れてしまうよ
僕らがえがいた
ヒカリの道しるべ
さよなら

Profile

rikoren: (Default)
Kestrel

September 2017

S M T W T F S
     12
34 56789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

Most Popular Tags

Style Credit

Expand Cut Tags

No cut tags
Powered by Dreamwidth Studios